実は約1年前、自分の車のフロントガラスに撥水加工をしました!

1年経過した今、実際にはどの程度効果が持続するのか?実験結果といきましょう!!!

ウィンドウ撥水加工の方法

磨き、脱脂などの下地処理をきちんと行いました。
ガラス用のコンパウンドで徹底的に磨き落としてしまいます。するとガラスはすっぴん状態!そこへ油膜とならないフッ素系の撥水コーティングを施工です。

実験車の状況

はじめに、効果がどれほど持つのかは様々な条件によっても変わってくるものです。

(例)

・洗車の頻度

・駐車している場所 ※屋根の有無、線路沿いなど

・窓の角度
※ミニバンとセダンとではフロントガラスの角度がかなり違うため汚れる量が違ってきます。

・洗車機の撥水洗車やワックスインのカーシャンプーなど油膜になりやすいもので洗車をするかなど

実験した車の条件は、

  • 洗車は3か月に1回程度(自動洗車機を使用)
  • 青空駐車
  • ワンボックスカー
  • 撥水洗車やワックスインカーシャンプーなどは一切使用しない
  • ワックスなどもかけない
  • ワイパーは通常通りに使用
  • ウォッシャー液は使用しない(なぜかタンクが空っぽです。笑)
  • 車の走行は毎日

そして!1年経過した現在の効果の持ちはというと、

油膜が付着しないため、べたつきや雨で視界が悪くなることがない

小雨が付着してもワイパー1回で水滴1つ残らない

ワイパーをした時に雨水がびよーんっと伸びる感じが無い

施工直後のワイパーがいらないほどの撥水力はない

雨上がり1週間後になると・・・ボディ→砂が付着し汚い、ガラス→ボディのように砂汚れがない

こんな感じですね!

青空駐車で黄砂まみれになった春先さえ洗車をサボったため、施工直後ほどのバリバリ撥水する感じはありません(汗)

でも、1年が経過した現在でもウィンドウ撥水は持続中です!

ちなみに、ワックスをかけているお車はもう少し持続が短くなる恐れがあります。
と、いうのも・・・

天井のワックスは雨で流れ、窓へ付着。そして油膜となりギラつきやベタっと感の原因となってしまうのです。

理由は同じく、撥水洗車やワックスインのカーシャンプー、撥水剤入りのウォッシャー液も持ちが悪くなることが多いですね。

参考自社HP「 洗車の方法.com 」



コメントを残す