フロントガラスのコーティング

雨が止まらない今日この頃。

雨が降るたび「フロントガラス、見づらいなあ。」と感じますよね。

そんな時にもオススメなのがフロントガラスのコーティング!
本日は、長持ちするコーティングの選び方や、簡単な下地処理の方法などもご紹介していきます。

フロントガラス、コーティングの種類は2つ!

フロントガラスのコーティング

オートバックスなどへ行くと、本当に沢山のコーティング剤がありますよね。

フロントガラスのコーティング剤は、ザックリ2つの種類に分けることができます!

【1】シリコン系撥水剤

「シリコン系」とは、油で撥水させるタイプの物。
ガラコなどがその代表で、撥水力がすごい!

<メリット>

・強力な撥水力
・安い

<デメリット>

・雨で少しずつ流れ落ちるため、長持ちしない
・紫外線などによる劣化が激しい
・ガラス上にどんどん油膜がこびりつく
・後に、雨の日の夜にギラついて視界が悪くなる

例えばこれなんかは、

6倍耐久超ガラコ

価格:1,580円
(2017/8/24 12:03時点)
感想(701件)

うん!やっぱり安い!!

【2】フッ素系撥水剤

「フッ素系」とは、フッ素という成分によって撥水させるタイプの物。
シリコン系と比べて長持ちです!

<メリット>

・安定した撥水力
・劣化しにくく非常に長持ち
・油膜がこびりつく心配が少ない
・約3ヶ月~半年くらい効果が期待できる

<デメリット>

・シリコン系と比べ、値段が高い

レビューの数が圧倒的な人気を示しています(笑)

撥水コーティング剤【ウィンドウ クリスタル 50ml】

価格:2,880円
(2017/8/24 12:06時点)
感想(1367件)

ただ、高いなあ。

では、シリコン系とフッ素系、どちらが良いのでしょうか。

フロントガラスのコーティング剤は、好きなタイプを選べばOK!

フロントガラスのコーティング

フロントガラスのコーティング剤については、シリコン系でもフッ素系でも、どちらも十分に撥水力を発揮します!

そのため、ご自身が、どのくらいの頻度でメンテナンスできるか。
どのくらい洗車に手間をかけられるのか。

これらに注目して、好きなタイプを選ぶことが長持ちへと繋がりますよ!

◆洗車好きさんなら『シリコン系』

・月に何度か洗車をする
・最低でも月1で洗車できる
・洗車の度にフロントガラスの油膜取りをする余裕がある
・洗車の度にフロントガラスのコーティング剤を塗る時間がある
・何より車をイジるのが好き
こんな方には「シリコン系」がぴったりかもしれませんね!

◆ズボラさんには『フッ素系』

・あまり洗車をしない
・洗車は数ヶ月に1度するかしないか程度
・洗車に時間をかけられない
・油膜を取ったりコーティングを塗り直したりする余裕があまりない
こんな方には「フッ素系」が良いですね!

フロントガラスは、油膜を下地処理してからコーティングしよう!

フロントガラスのコーティング手順は、ざっとこんな感じです。

1、車を全体的に洗車する
2、泡を流す
3、フロントガラスが濡れた状態で、油膜取りをする
4、もう一度、車を全体的に洗車をする
5、泡を流す
6、水分をしっかり拭き取る
7、フロントガラスをコーティングする

油膜取りで、ガラスをすっぴんにする事がコツです!
この作業1つでコーティングは長持ちします。

油膜取り【油膜クリン 80ml】

価格:2,480円
(2017/8/24 12:09時点)
感想(460件)

詳しい施工手順は、こちらの記事を!

本日のまとめ

オートバックスなどカー用品店には、フロントガラスのコーティング剤がたくさん並んでいます。
その多くは「シリコン系」で、メンテナンスに少し手間のかかる物だったりします!

↓例えば「ガラコ」

6倍耐久超ガラコ

価格:1,580円
(2017/8/24 12:03時点)
感想(701件)

でも、「フッ素系」ならその手間がすごく楽になります!

また油膜にもなりにくく“雨の日に対向車がまぶしい!何も見えない!”といった現象も起きづらくなるため、人気です。
特にイチオシは、油脂分の少ない「フッ素系」ですね!

↓「ウィンドウ クリスタル」が人気です!

撥水コーティング剤【ウィンドウ クリスタル 50ml】

価格:2,880円
(2017/8/24 12:06時点)
感想(1367件)

参考自社HP「 洗車の方法.com 」



コメントを残す