ワックスって安くてキレイで最高!だけど

ワックスかけ

洗車後、汗だくでワックスがけ・・・とても洗車がシンドイ季節となってきました!安いし楽だからこれで十分。ツヤも出るし、傷も見えにくくなるし、雨も弾くし・・・

「でも雨でワックスが落ちてる?」
そう、雨でワックスの効果がほとんど無くなってしまった方も多いはず。


安い・簡単・キレイ・・・

実はそんなワックスにも欠点があるんです!
ワックスがけした後日、あれ?ちゃんとワックス効いてんのかな?と思うことはありませんか。どれくらい長持ちしてるんだろう?って・・・

ワックスが劣化したら…

ワックスは作業が楽な反面、被膜が非常に弱いので1ヶ月程度で、ほとんど効果がなくなっています。また雨で流れるとしつこい油膜となってボディーに付着してしまいます。

劣化

これはワックスが劣化、油膜になっているボディです。ベターっと油っこい状態・・・
そう実はワックスって、油でできているんです!つまりボディに油を塗っているということ。
水と油が混ざらない性質を利用しているので、ワックスがけをすると水が弾きます。さらにツヤも出ますよね!

『フロントガラスがやたらギラついてきて、雨の日は光が反射して前が見えない』
あれ?ガ●コとか塗った覚えがないのになあと、よく考えたら

ワックスが雨で流れてフロントガラスに付着・・・なんてことも。
もちろん油なので、ボディ上に乗っているワックス自体が劣化していくんですね。

劣化したワックスを除去してみると

磨いて劣化物を除去してみるとこの違いです。

ワックスの劣化

ワックスの劣化を防ぐには、頻繁な洗車と小まめな塗り直しが必要ということですね。
手軽で安いけど、手間のかかるワックスがけ・・・

でも、ワックス後のあの達成感はたまらんですよね!(笑)

参考自社HP「 コーティング種類比較 」