ウォータースポット・・・

ここでは洗車しても落ちない、雨染み状のシミだと思ってください。
細かい言葉の解説はまた後日。

ウォータースポットだらけの写真

さて、最近キズはもちろんウォータースポットだらけのお車のご入庫が続いています。
皆様に、日頃のメンテナンスの状況を詳しくお聞きしています。
すると、皆様ある共通点があったのです!

過去に施工されたコーティングの種類

多くの方がDIY、業者へ依頼に関わらず、油脂分を多く含んだコーティングを施工。

ワックスかけの写真

油脂分が多いコーティングは、撥水性はあれど発油性が悪い。
つまり、水は弾くけど油は弾かない。
汚れを引き寄せ、さらにもともと油脂分が多いので劣化も早い。

でも油脂分の多いものは、施工直後は非常にキレイ!ツヤツヤしています。
ワックスがいい例ですよね。
ワックスのように、劣化して洗車で落ちてくれるならいいんです。
中途半端に持続力があるとウォータースポットに・・・
だからしばらくたつとウォータースポットの付き方の違いは明白です!

洗車時のカーシャンプー残り

ほとんどの方が頻繁に洗車を。同時にカーシャンプーを流し切れていないことが判明。

洗剤が残っていると、すぐにウォータースポットの卵ができてしまいます。
これは目に見えない!
そして、ウォータースポットが見えてくるころには、全面シミだらけ!!

『はっ?いつのまに??』
って思うのですが、もはや磨かないとどうにもなりません。

洗車のコツの1つは、
カーシャンプーは洗車中に乾かさない!

でもそれって、結構ムリがありますよね。
だから、この洗車の方法をしてみてくださいね。
ウォータースポット対策の洗車方法です!

  1. 基本的に水洗い。
  2. 乾かないよう、ちょこちょこ全体に水をかけつつ
  3. 汚れが気になるところだけシャンプー洗車。
  4. そして、即!大量の水で流す!!