ウォータースポット?

白い斑点…あなたのお車にもありませんか?気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!
よーく見ないと分からないものから、パッと見て分かるものまで種類は様々なので一度確認してみると良いかもしれません…
夜の街灯夜のコンビニの電気ガソリンスタンドの電気(水銀灯)などの下ではよく見えますよ。

で、ウォータースポットって何?

よーく見ないと分からないような水垢からパッと見て分かるクレーターまで、種類や名称は様々
そのほとんどが塗装のクリア層にダメージがある状態です。

実例をあげると…例えば、ボディに汚れ(洗車シャンプー、花粉+小雨など)が付着

汚れ

除去せず放置すると汚れ自体が劣化

劣化

劣化物となってしまった汚れが塗装にダメージを与えてウォータースポットとなります。

ウォータースポット

ウォータースポットは時間が経てば経つほど劣化が進行しクレーターとなって深いダメージを与えてしまいます。
(鳥フンなども放置すればクレーターとなる可能性があります)

クレーター

ウォータースポットは放置すればするほど、深いダメージとなって落ちなくなってしまいますが、逆にいうと早めに気付けばダメージが浅いので、除去できるということです。

ウォータースポット除去の方法

比較的ダメージの浅いウォータースポット

洗車後に 水垢取りカーシャンプー を使用します。

洗車スポンジの角に原液を付けて、やさしく何度も擦ってみてください。
ここでゴシゴシと強く擦ってしまうと、洗車傷が付いてしまうので注意してくださいね!

ダメージの深いウォータースポット

コンパウンドを使用します。⇒ 微粒子の物が安心です。

つまりボディを磨くのですが、これはとても繊細な作業となります。洗車の時点で砂をしっかり洗い流しておくことや、鉄粉などを除去しておくことも重要です。
また、磨き方や洗車の状況によっては磨き傷となってしまい、新たなダメージを生んでしまいます。腕のある業者さんに頼み最小限に磨いてもらうと良いですね!

クレーターとなってしまったウォータースポット

この場合は相当強く磨くか、再塗装となります。しかし最近の塗装は薄くなっていますので、あまり強く磨くのはおススメしません。磨く場合には、『目立たなくする』感覚でいてくださいね。
長く乗るなら・・・再塗装が良いですね!

まとめ

・鳥フンは早めに除去!
すぐに洗車というのは難しいと思うので、洗車するまでの間は濡れたティッシュで拭き取るなどの工夫をしてみると良いですね。

・春の花粉には注意!
花粉は水分を含むと膨張し破裂します。破裂してしまうと塗装にとって有害な物質が流れ出し、ウォータースポットの原因となってしまいます。春に小雨が降ったときは注意が必要ですね!

・暑い日の洗車はなるべく避けて!
気温が高い日はもちろんボディも熱くなっています。ボディが熱いと洗車中に洗剤がボディ上で乾いてしまい、すぐに水垢となって跡が残ります。暑い日の洗車は自動洗車機やGSの手洗い洗車に任せましょう!

・天気が良い日のウォッシャーは危険?
雨が降っていない日の走行中にウォッシャーを使用すると、ガラスからボディへウォッシャー液(洗剤)が飛び散ることがあります。そのままボディ上で乾くとウォータースポットの原因となるので、雨の降っていない日にはなるべく使用しないようにしましょう!
また使用する場合はウォッシャーのタンクへ、洗剤の代わりに水を入れておくと良いですね!

参考自社HP「 洗車の方法.com 」