シルバーのキレイな車の写真

さてさて、暑い日が続いていますね。
「洗車しても、洗ってる最中にどんどん水が乾いてしまう」

夏場はこんなお悩みが多いいですよね。

そこで出てくる案は、おそらくこの2つ↓↓

その1『涼しい朝のうちに洗車』
その2『涼しい夕方に洗車』

皆さん、どちらで洗車をしていますか?
当店でのオススメは『涼しい朝のうちに洗車』です!!

※2018年8月修正加筆。

夏場の洗車、時間帯は朝がベストな理由4つ!

【その1】 朝なら涼しい

もう、単純にこれです(笑)
洗車は朝の涼しい時間に限ります!!

でも、実は「朝方」と「夕方」だと朝日の方が日差しが強いのだそうです。

いや、でも実際、体感的には夕日の方が暑く感じますよね!

これは、朝から道路や建物がジワジワと暖められ、夕方以降になって熱を放出するから。
日差しは夕方の方が弱いけれど、温度は夕方の方が高いことが多い…。

車のための洗車とはいえ、人が快適なのも大切です!!
朝の洗車がやはりオススメですね。

【その2】 朝ならボディが冷えている

gatag-00013095.jpg

昼間の太陽でアツアツになる車のボディですが…
夕方の洗車では、まだまだボディがアツアツの状態です。

1日で最も気温が下がる朝方から、「暑い」と感じるまでの時間帯。

気温もですが、洗車で重要なのはボディの熱さ。

朝なら、洗車中に水分や洗剤が乾いていく心配も少なく済みますよね。

【その3】 拭き残しがよく見える

これは車のために重要なこと。
洗車後の水の拭き残しは、跡になって残ってしまいます。

しかも!!
この拭き跡は、夏の強い日差しで、どんどん深いシミとなっていく場合も。

いわゆる「ウォータースポット」や「クレーター」と呼ばれる、アレです。

そうならないためには、拭き残しを防ぐ事がとっても重要!!
特に夕方は薄暗く、その拭き残しや拭き跡が見えにくい場合もあります。

【その4】 落ち着いてコーティング(ワックス)をかけることができる

コーティング後の赤い車の写真

洗車後に自分でコーティングをかける方には、これも大事ですね。

コーティングといっても色々な物がありますが、中でも「塗ってから拭き取りが必要である種類の物」
これは、気温や湿度によって、塗ってから拭き取るまで、置いておく間が大きく変化してくものです。

高温多湿である環境ほど、置く時間が短くなります。
※塗ったそばから順に拭いていく必要がある場合も。

逆に、冬場の極寒な環境であれば、置く時間が長くなります。
※数十分以上置いておく場合も。

そのため、夕方でボディが熱く体感温度も暑い状況下でのコーティングでは、せっせせっせと拭き取りをしてく事になります。

…非常に大変です(汗)

夏場は、やっぱり朝の洗車がオススメですね!!

でも、夕方しか洗車できない。気を付ける事は?

【その1】 車のボディをしっかり水で冷やす

高圧洗浄機使用中写真

なんたってボディは鉄板ですやアルミなど。
夕方のボディはアツアツです。

洗車中に水分や洗剤が乾いてしまわないよう、洗車前にしっかりと水でボディを冷やしておきましょう!

【その2】 日陰&曇天で洗車する

曇っている写真

これがベストですね!!
曇天、バンザイ!!(笑)

【その3】 拭き取り後、ガソリンスタンドやコンビニへ行く

走っている車

拭き残しや拭き跡をチェックする裏ワザがあります!

それが「ガソリンスタンドの照明」と「コンビニの明かり」です。
かなりよく見えます!!

洗車後は、ガソリンスタンドやコンビニの照明下へ行き、よーくボディをチェックしましょう!!
非常識かな?できるだけ素早くチェックを(笑)

【その4】 コーティングは店に任せる

泡立てたバケツ

コーティング屋のブログなので、一応宣伝しちゃいます(笑)

自分でコーティングする場合、失敗したら「チキショ―!」と、どこにもぶつけようのない怒りに襲われます…。

でも、プロに任せてしまえば、仕上がりは完璧です!!
万が一失敗されても、怒りはお店にぶつける事ができますね。(笑)

参考自社HP「 洗車の方法.com 」