前回に引き続き、今回も『用途で使い分ける!カーシャンプーの選び方!』です

用途で使い分ける!カーシャンプーの選び方!の前回の記事はこちら!

コンパウンド入りカーシャンプーについて

さてカーシャンプーを選ぶ際に要注意なのは、弱酸性・中性・弱アルカリ性の違いです!
では、それぞれどのような違いがあるのでしょうか

カーシャンプーを使用するワケ

ガラスコーティング施工後もそうですが「水洗いでOK」と言っても、油汚れは水だけでは落ちません。油汚れ除去のために、カーシャンプーが必要なんですね。

例えば、排気ガスの油がボディに付着します。残ったままだと、ガラスコーティングの持ちが悪くなってしまいます。
また、上記以外にもあらゆる汚れが付着しますので、ガラスコーティング施工後でも3回に1回はシャンプー洗車をした方が良いですね。

中性カーシャンプーの特徴

中性のカーシャンプーは、酸性・アルカリ性とは違い、化学的なボディへの影響が少ないので初心者向けで安全ですね。

まさに、『いつも使う用の』カーシャンプーとして、みなさんにおススメです!

弱アルカリ、弱酸性カーシャンプーの特徴

中性・酸性・アルカリ性の違い

弱アルカリ性カーシャンプーは、中性よりも油汚れがしっかり落ちます。また、弱酸性カーシャンプーは油汚れだけではなく、ミネラルも少しずつ除去してくれるくらい洗浄力が強いですね。

しかし、覚えておきたいのが洗車に使用するリスクです。

特に、弱アルカリ性も弱酸性も、洗車中は絶対に乾かさないこと!!そしてもちろん、洗った後はしっかり流すことが必要です。
でないと、薄い色抜けや磨いても取れないシミができることもあります。

オススメの使用方法

基本的には中性を使用する

汚れがひどい場所だけ、弱アルカリ性

それでも取れない時に弱酸性

気温が高い日には中性を使用する

弱酸も弱アルカリもすぐに水で流す

PR : Amazon「 中性カーシャンプーの一覧

PR : Amazon「 アルカリ性カーシャンプーの一覧

PR : Amazon「 酸性カーシャンプーの一覧

非常に泡立ちが良いので、少量の洗剤と多めの水で!濃いとヌルヌル感がなかなか取れず、シミになってしまうので注意!

参考自社HP「 洗車の方法.com 」