先日、久しぶりにカー用品店へ行ってまいりました。

ここで、どうしてもチェックしてしまうのが洗車用品・・・(笑)
ガラスコーティング施工後は、「何も入っていない安い中性洗剤」がおススメなんですが・・・

そもそも本当に何も入っていない中性洗剤があるのか?

と疑問に思い、見てきました(笑)
今回は、「コンパウンド(研磨剤)の成分が入ったカーシャンプー」についてです!

カーシャンプーの違いについては、こちらの記事を!

濃色車用?ワックスイン?水垢取り?カーシャンプーの選び方

コンパウンド成分入りカーシャンプーの用途

ボトルの裏側(成分)にコンパウンド(研磨剤)が書いてあるカーシャンプーは、「水垢取り」「傷取り」などと書かれているカーシャンプーが多いですね。

その名の通り、研磨成分入りなので、ボディを洗いながら磨くことができる優れものです。

コンパウンド入りカーシャンプーの注意点

ボディを磨く=ボディを削る

ですので、使用方法を間違ってしまうと、知らず知らずのうちに洗車傷が…なんてことに!
また、撥水のコーティング施工車はコンパウンド入りカーシャンプーで洗車をすると、撥水が落ちることがあるので要注意ですね。

基本は普通のカーシャンプーを使用し、水垢を除去したい場合など、目的がある時に応じてコンパウンド入りのカーシャンプーを使用しましょう。

コンパウンド入りカーシャンプーの使用方法

  1. 洗車前にボディ上の砂をしっかり流す
  2. 原液を水で薄め、泡立てて使用する
  3. 指圧でゴシゴシせず、手のひらで優しく洗う
  4. 3で取れなかった部分は、原液で優しく洗う
  5. すぐにカーシャンプーをしっかり水で洗い流す
  6. ボディの水分を拭きとる

本日のまとめ

コンパウンドが入ったカーシャンプーで、特に気を付けるのが洗車傷です。
洗車前に砂をしっかり流しておき、圧をかけず優しく洗うことで洗車傷を防止しましょう。

PR : コンパウンド入りのカーシャンプーはこちらで

参考自社HP「 洗車の方法.com 」