先日、自分用のカーシャンプーを買いにカー用品店へ行ったのですが、なんて種類が多いのだろう・・・とビックリ!!そして、つい職業病で商品の成分を見てしまう私です(笑)

ですが、みなさんも思ったことはありませんか?

何が違うんだろう?って。

カーシャンプーの見分け方

カーシャンプー・・・本当に種類があり過ぎて選ぶのにたいへん苦労しますよね。
大きくジャンルで分けるとこんな感じ

  • ダーク・メタリック用(濃色)カーシャンプー
  • ライトカラー・ホワイト用(淡色)カーシャンプー
  • コーティング車専用カーシャンプー
  • 水垢落としカーシャンプー(研磨剤入りシャンプー)
  • ワックスインカーシャンプー
  • 台所洗剤

ではそれぞれの特徴について説明していきます。

濃色車専用カーシャンプー

これは濃い色のお車におススメなシャンプーです。

(「ブラック」や、メタリック系「グレーメタリック」「ガンメタ」、単色「赤」「青」「黄色」「オレンジ」「パープル」など)


濃色車は汚れが見えにくい分、キズが目立つという特徴が。
そこで濃色車用のほとんどは、洗浄力を濃くするよりもキズを見えにくくする事塗装面の保護に特化している傾向にあります。

淡色車専用カーシャンプー

薄い色のお車におススメなシャンプーです。

(白「パールホワイト」や、シルバーなど)


淡色車はキズは見えにくいですが、汚れが非常に目立つのが特徴。ドアミラーの下やドアノブの下などの、水垢などの黒ずみが目立ったりします。
そこで水垢などの汚れを落とす事に特化しているのがこの淡色車用で、研磨剤(コンパウンド)が入っているものや洗浄力のある成分が濃く含まれている傾向にあります。

濃色車に淡色車用のカーシャンプー

濃色車はキズが目立つ。例えば極小の砂が付着状態での洗車…
研磨剤入り淡色車用カーシャンプーを使用すると、砂と一緒に研磨!細かいキズでボディが曇ったり、そのまま洗車傷だらけになることも、実はかなりあります。
特に黒色のお車の方は淡色車用には十分注意しましょう。

コーティング車専用カーシャンプー

カーシャンプーだけじゃなく、コーティングも本当にたくさんの種類があります!
※コーティング種類比較サイトをご参考に!
雨でも流れ落ちていってしまうものから、耐久性のあるものまで多種多様にありますよね。


そこで、コーティング車専用は、洗車時にコーティングが落ちてしまわないように洗浄力を弱く作られているのが特徴です。

コーティングの種類によって使い分けよう

例えばガラスコーティングは洗車では落ちませんのでコーティング車専用を使用する必要性はありません。
ですが、ワックスやポリマーコーティングは洗車でどんどん落ちますよね。そこでコーティング車専用の出番です。

でも最後にはワックスやポリマーは、ほとんど落ちてしまうのが現実。雨でも落ちていくくらいですから。個人的には、逆に普通のカーシャンプーで、劣化したワックスなどをちゃんと落とすことがおススメです。

水垢取りカーシャンプー

水垢取りカーシャンプーは、その名の通り水垢を落とす事に適しています。シャンプーに含まれている研磨剤(コンパウンド)で水垢を落とすものと、強い洗浄能力で落とすものとがあります。
商品説明欄をよく読んでから購入すると良いですね。

洗いながら塗装面をごく軽く磨くイメージですが、場合によっては細かい磨きキズを付けてしまうことがあります。どうしても落ちなかった汚れに使うのがおススメです。スポンジでゴシゴシ擦ってしまわないよう使用方法には注意しましょう!

ワックスイン

ワックスの成分が含まれたシャンプーです。洗車後のワックスがけが面倒楽にキレイに見せたいという方に最適ですね!


ガラスコーティング車には△

ワックスはでできています。油は劣化し油膜になります。そしてコーティングにダメージを与えてしまいます。
逆に言うと、頻繁な洗車とワックスを続ければ問題はないのですが、ガラスコーティング独特の深みのある自然なツヤが・・・洗車の手間も増えてしまいます。
ガラスコーティングの性能を生かすには何も入っていない中性のカーシャンプーがおススメですね!

台所洗剤について

食器洗い用の中性洗剤を洗車に使用される方も。台所洗剤は泡切れがいいんですよね(笑)
でも餅は餅屋、洗車には洗車シャンプーとでも言いましょうか・・・結局は車にか車用が一番だと思っています。

本日のまとめ

  • 濃色車へ淡色車用カーシャンプーはNG
  • 水垢取りカーシャンプーは、どうしても落ちない汚れに
  • ガラスコーティング車は、普通のカーシャンプーを
  • 台所洗剤の効果は?

参考自社HP「 洗車の方法.com 」