セルフリストアリングコート!

まずは簡単にご説明

熱により弾力が増し、微細なキズが修復されるクリア塗装を『耐スリ傷性塗装』と言い、そのうちトヨタが開発したものをセルフリストアリングコート、日産が開発したものをスクラッチシールドと言う。

さて、このセルフリストアリングコート、磨きができるのでしょうか?

セルフリストアリングコートは磨いてもOK

セルフリストアリングコートは、磨いても全然大丈夫です!
ただ、難しいだけ(笑)

トヨタ アルファード、コーティング後の写真

車磨きDIYでの磨きは、「ダブルアクションポリッシャー」(略してダブル)での磨きをおススメしています。
ダブルでは強くは磨けません。
その分、塗装が剥がれたりする心配がほとんどなく、安心な磨きです。

つまり、ダブルでの磨きは熱が出にくい磨き
セルフリストアリングコートでも全然大丈夫です。

セルフリストアリングコートの磨きの注意点!

気を付けることは、とにかく『熱』!
ボディーが冷めた状態で磨きます。

  • 止めた直後はボンネットが熱い!
    そんなときには、ボンネットを開けて待ち、冷めてから磨きましょう。
  • 夏の太陽の下では熱くなる!
    イヤイヤ、炎天下ではそもそも洗車もNG!

BESTなのは、水で冷やしての磨きを繰り返すことですね。