白い車には茶色や黒の水アカ、黒い車には白い水アカ。放っておくと、なかなか取れませんよね(泣)
特に白や薄めの色の車にの方は、大変苦労されてる方も多いようで…
「コーティングすると、これも取れるの?」
というご質問を受けます。

水アカが落ちないのはなぜ?

例えばよくあるのが

水アカ

こういうところ!や、ボンネットのウォッシャー液の出るところ!!
洗車せず放っておくと、知らぬ間にこの辺が水垢などで黒くなっていることがありますよね。
日が経ってから洗車をしてもなかなか落ちないこともあると思います・・・

そもそもこういった水アカのようなものが落ちなくなる原因の1つは
・ボディ上の細かい傷
・ボディ上のささくれ

などです。

画像で詳しく…

傷

そういった、傷やささくれの


汚れ

上から汚れが付着すると


洗車後

洗車しても傷やささくれに汚れが埋まってなかなか落ちない場合があるんですね…
この場合は、洗車では、ムリですね…


水アカ、コーティングしたら取れる?

「コーティングすると、これも取れるの?」というよりは、ガラスコーティング施工前のボディ磨きで取れる場合があります!
ボディ磨きはクリア層の細かいキズや、塗装のささくれを機械で磨きならすものなので、非常に浅い傷やささくれなどは取れます。

コーティングしたら、水アカは取れやすい?

ガラスコーティング剤次第ですが…
施工後はこういった水垢のようなものがかなり落ちやすくなります。

先日、社長のセルシオ(コーティング済で白色)のドアミラーの下にひどい水アカが…どうやら2ヵ月も洗ってない…

水アカが付いたセルシオ

指でスッと触ってみたら、面白いくらいに汚れが・・・(笑)

水アカが取れやすいセルシオ

汚れのつきにくさや落ちやすさもガラスコーティングの長所ですね!!

▶ 参考自社HP「 洗車の方法.com 」