車のシートクリーニング

朝と夜の冷え込みはもう一気に冬モード!!!冬といえば忘年会シーズン・・・忘年会シーズンといえばお酒・・・
お酒といえば…?

車内で嘔吐の場合!!シートのクリーニングの技のご紹介です。


まずは、お酒の種類。

赤ワインや、いろんな種類のお酒を飲んだ場合、またビールも臭いが残りやすいことを覚えておいてください。
特に赤ワインは色もなかなか落ちにくいため要注意です。

何はともあれ、拭き取る

車内のシートに嘔吐された場合にはまず、できる限り早く汚物を拭き取ること。日にちが経てば経つほど、臭いは取れなくなってしまうものです。

拭き取ったら、次は吸い取る

次に、しっとりと濡らして吸い取ることを繰り返します。霧吹きとバスタオルが最適です。最初はクリーナーは使いません。水だけで吸い取ります。

クリーナーで洗って吸い取る

そしてクリーナーを使用して、優しくブラッシングします。もちろん、すぐに吸い取ります。これも何度も繰り返します。

数日クリーナー+吸い取りを繰り返す

汚れや臭いは乾きながら表面に浮いてきます。それをまた、クリーナー+吸い取りです。もう変化がない!くらいになると、作業終了です。あとは、消臭剤や芳香剤でごまかすしかないですね。

汚れをちゃんと除去できないと…

作業後水分が残っていると、後日カビやダニの原因になります。しっかりと乾かしましょう。汚れが取り切れていないと、雨の日などに湿気と反応してまた異臭がぶり返してきます。
最悪なのは、汚物が乾燥して車内に浮遊、それを吸い込むことで咳や体調不良になることも!
やっぱりベストは、即業者に依頼することですよ!

参考にしてみてくださいね♪

▶ 参考自社HP「 洗車の方法.com 」