やはり、今年の黄砂は異常ですね

雨が降った翌日は、必ずと言っていいほど車が砂だらけに。ガラスコーティング施工後、春に注意するべきこと…やはり「黄砂・花粉」です。

どうしても、ボディに黄砂や花粉が必ず乗ります。その上から雨が降り、コーティングにシミが付いてしまいます。

花粉

黄砂

「車のカバーの出番?」

車のカバーは、風で擦れてキズが付きます。結果、ボディがくすんだ感じになってしまうことがあります。
洗車のタイミングと方法を工夫するのが王道ですよ。

洗車は雨が降る前?降った後?

ネット上で書かれているのが「雨降り前の洗車」「雨上がりの洗車」です。

雨が降る前の洗車の根拠は、雨が降る前に黄砂や花粉を除去しようといった考え方です。

でも、よく考えると雨にも黄砂などが含まれています。

つまり、「雨降り前の洗車」「雨上がりの洗車」どちらが有効かというと「雨上がりの洗車」だと思います。

洗車のタイミング

この時期は、雨が上がった時 の洗車がベスト!

ポイントは、できるだけ早めの洗車 です。
黄砂・花粉が乗ったボディに雨が降り、有害物質がコーティング上に付着している状態…この状態が続くことは、コーティング面にダメージを与え続けていることだと思ってください。

さらに、時間が経つほど汚れが落ちにくくなるうえ、洗車した際に強く擦れば洗車傷が。
ですので、やはり雨が上がったらできるだけ早めに洗車をするのが良いですね。

洗車の方法

(1)水の勢いで、黄砂や花粉をしっかり落とす

(2)泡立てた洗剤の、泡で優しく洗う。※日差しで洗剤が乾かないよう注意

(3)洗剤を残さないよう、きっちり水で流す

(4)素早く水分を拭き取る

PR : 商品掲載数、満足度ナンバー1のAmazon 高圧洗浄機

参考自社HP「 洗車の方法.com 」